coffe

コーヒーの飲み過ぎは良くないと言われることが多いのですが、コーヒーの飲み過ぎはEDの原因になることはあるのでしょうか?今回はEDとコーヒーについて調べてみたので、紹介してみたいと思います。

コーヒーの成分

まずコーヒーの成分について簡単にですが説明をしたいと思います。

コーヒーのもとは豆から採れ、そこから挽いた粉末で、お湯や水などで抽出したり、缶コーヒーとして飲むのが一般的です。

食後や眠気覚ましにコーヒーを毎日のように飲む人は多いと思いますが、昔は薬として使われていた時代が有りました。

あくまでも、飲み物のコーヒーではなく、豆の状態で薬として処方されていたそうで、生豆の状態と焙煎した後の豆の状態では、若干栄養成分量が異なってきます。

【生豆の成分】
  • 全多糖類50~55%
  • タンパク質11~13%
  • 脂質12~18%
  • 少糖類6~8%
  • クロロゲン酸5.5~8%
  • カフェイン0.9~1.2%
  • 脂肪族酸1.5~2%
  • 遊離アミノ酸2%
  • トリゴネリン1~1.2%
  • 無機成分3~4.2%
【焙煎豆の成分】
  • 全多糖類24~39%
  • 脂質14.5%
  • タンパク質13~15%
  • 腐食酸16~17%
  • クロロゲン酸1.2~1.3%
  • 脂肪族酸1~1.5%
  • カフェイン1%
  • トリゴネン0.5~1%
  • 無機成分3~4.5%
  • 少糖類0~3.5%

現在では、薬として使われることはありませんが、コーヒーに含まれる栄養成分の中で注目したいのがカフェインです。

コーヒーだけでなくお茶や紅茶にも含まれているカフェインですが、眠気覚ましのために飲む人もいると思います。どうしてカフェインが含まれている飲み物を体内に吸収することで目がさめるのかというと、脳内の一部を興奮させることができるからです。

しかし、気をつけなくてはいけないのが、カフェインが含まれている飲み物を飲めば目がパッチリ覚めるかというとそうはいきません。

「カフェインが含まれている飲み物」
  • コーヒー
  • 緑茶
  • 紅茶
  • 烏龍茶
  • ココア
  • コーラ
  • 栄養ドリンク
  • チョコレート

カフェインには脳を覚醒させる作用があります。しかし、摂取量が少ない場合は、たとえ飲んだとしても、効き目がないために眠気を冷ます効果はありません。

カフェインは脳の一部に存在していあります。

脳の中にある「アデノシン」と呼ばれる睡眠物質が眠りを操作しています。この物質が一定量を貯めると、自然に睡眠に入ります。

しかし、ここでカフェインを吸収するとアデノシンのはたらきをブロックします。つまり、これがカフェインの眠気を冷ます作用になります。

とは言っても、カフェインを吸収すれば目が覚めるというわけではなく、アデノシンの作用を一時的に止めるために必要な量は250~300mg程度(カフェイン量)といわれています。

なおかつ、毎日のようにカフェインが含まれている飲み物を体内に吸収していると、体が慣れているために、じょじょに眠気覚ましの作用も弱まることがわかっています。

カフェインの副作用とは

次にカフェインを取り過ぎた場合の副作用や危険性を見てみましょう。

主な副作用は

  • 頭痛
  • 不眠症・睡眠障害
  • 胃が荒れる

など

すぐに命の危険性に繋がるような副作用はありませんが、上記の副作用が続くと生活に支障が出てきて、これらの副作用が原因で別の症状が出てくる可能性もあります。

ですので、「私は大丈夫」と思いながら過度にカフェイン飲料を飲むことはお勧めできません。

カフェインの摂取量を減らすコツは、ノンカフェインの飲料を飲むことです。

普段のカフェイン摂取量が多いと思われる人は、その内の何割かをノンカフェイン飲料に変えるだけでカフェイン量を減らすことができます。

コーヒーを1日に飲む量

ryouu
検査でカフェインを吸収することで、勃起を維持しやすくなることがわかっています。しかし、微量のカフェインを消化させれば効き目があるわけではなく、1日85㎎~170㎎を毎日のように摂取することが重要になります。

たとえば、インスタントコーヒーの場合、100ml中で約45 mgのカフェインを取ることが出来ますので、勃起不全のことを考えるなら1日に2~3杯の服用が望ましくなります。

コーヒーは1日に1杯にしておきたいと考えている人なら、エスプレッソやドリップから抽出されたコーヒーがおすすめです。インスタントコーヒーよりも一杯のお値段が少し高くなりますが、エスプレッソの場合100ml中カフェインが180mg、ドリップは90mgほど含まれています。

その他の飲み物からカフェインを吸収したい場合、玉露、栄養ドリンク、抹茶などに多量に含まれています。

カフェインがたくさん含まれている飲み物

  • 玉露:140mg
  • 栄養ドリンク:50mg
  • 抹茶:30mg
  • ほうじ茶:20mg
  • 紅茶:20mg
  • 烏龍茶:20mg
  • ホットココア:20mg

カフェインの滞在時間

コーヒーなどカフェインが含まれている飲料を吸収するとき、タイミングを意識することは大切です。あくまでもカフェインの作用は飲めば長時間続くわけではなく、約3~4時間です。

カフェインが体内で吸収されてから血中濃度が最大になる時間は40~60分程度掛かります。つまり、これは約60分ほどしてから効果がじょじょに現れてくるということになります。

そして作用時間についてですが、服用する人の体重や年齢、カフェイン量により微妙に異なりますが、基本的には約3~4時間です。

もし、勃起不全や不眠の改善にカフェインを利用するなら、約1~2時間前に飲むことをおすすめします。血中濃度が最高に達するのが1~1時間30分になるために、一番の作用を期待する時間帯になります。

ただし、そのまま効果が持続するわけではなく、2.5~4.5時間で約半分は尿として排出され、16~20時間で約95%が体外へ排出されます。

カフェインの効果を期待する場合、飲む時間を意識することも大切になります。

カフェインとEDの効果

さて少し本題に入るまでに話が長くなりましたが、コーヒーに含まれているカフェインと勃起の関係についてですが、海外の研究で効果が期待できることがわかっています。

ポイントは、カフェインを体内に吸収することで、隅々まで血液が届き、血管が拡張されて全身の血流が良くなることです。すると、ペニスの中央部分に当たるらせん動脈の血流が良くなり、勃起の維持につながりやすいことがわかっています。

引用
20歳以上の男性が1日にコーヒー2~3杯分のカフェインを摂取することで、勃起不全に悩まされる割合が少ないことが判明しています。

アメリカの研究によると、20代以上の男性(3,700人)を対象に行っています。

1日85㎎~170㎎のカフェインを摂取している男性は約40%も勃起不全を和らげる事がわかっています。

研究者のコメントによると、「バイアグラの成分はカフェインと同じ成分を持っている」と話しています。カフェインは血管を拡張させる効果が有るために、たしかにバイアグラと似たような作用があります。

コーヒーが性欲を下げる

コーヒーの香りにはリラックス効果があり、ストレスや緊張が緩和されるため、性欲アップが期待できるかもしれない、と前回お伝えしたため、一見矛盾する内容のように感じるかもしれません。
適量であればプラスに働くコーヒーですが、大量のカフェインを摂取した場合には、
精神を昂らせるためリラックスするのが難しくなり、性欲を下げてしまうのです。

また、コーヒーに限らず、お茶類の多くはカフェインを含んでいるので、カフェイン抜き以外のお茶全般に注意が必要です。特にエッチの直前は要注意。
コーヒー一杯くらいであれば問題ありませんが、何杯もおかわりするような行為はお勧めできません。