タバコを止めてから毎日のように増えているのがお菓子の量です。ブラックコーヒーを飲む時に、クッキー、ドーナツなと一緒に食べるとプチストレス解消を感じることができます。

このお菓子などのサクサク感や長持ちさせてくれるのがトランス脂肪酸の役割です。

美味しさや保存のためには必要な成分。

しかしながら、トランス脂肪酸の使い方を間違えると、勃起機能に悪い作用を与えてしまいます。

では今回はトランス脂肪酸と体の異常、勃起異常などについて話を進めていきたいと思います。

トランス脂肪酸は不飽和脂肪酸の一種?

トランス脂肪酸について、初めて耳にする人がいるかもしれませんが、不飽和脂肪酸なら耳にしたことがあるかもしれません。

不飽和脂肪酸とは、魚やオリーブ油、アーモンドなどに多く含まれる脂肪酸。

簡単にトランス脂肪酸の分類を説明すると、脂肪酸から不飽和脂肪酸そしてトランス脂肪酸と枝分かれした成分になります。

つまり、つながりとしては同じ成分になります。
しかし、最近になりこのようなイメージが強くついています。

・不飽和脂肪酸=脳や血管に良い油!
・トランス脂肪酸=不健康な油、、、

同じ不飽和脂肪酸なのに、なぜ?

実は、不飽和脂肪酸にも2種類の分類され、シス型とトランス型に分けられています。

脂肪酸
不飽和脂肪酸
シス型 トランス型
リノール酸 マーガリン
リノレン酸 ショートニング
アラキドン酸 揚げ物
EPA 水素添加物植物油
DHA クッキー

不飽和脂肪酸の多くはシス型で、特徴的なのが天然植物性油脂。

それに対して、トランス型は植物性油脂に水素が添加されています。

なぜ水素を添加するかというと、このような働きを意識するためにです。

トランス脂肪酸
  • 日持ちを良くするために
  • 食感を高めるために
  • 油は室温で安定させるために
  • 高温揚げ物でも変質せないために
  • 脱臭のために

たしかに、トランス脂肪酸が含まれている食品は料理を作るためや長期間保存するためには必要なアイテムだとは思います。

しかし、トランス脂肪酸を体内に吸収することで勃起不全が起こりやすくなることがわかっています。

トランス脂肪酸を過剰摂取することで血管壁に異常

食品に適量のトランス脂肪酸が含まれている場合は問題ありません。しかし、毎日のように過剰に取りすぎることで、健康への悪影響を及ぼしてしまいます。

トランス脂肪酸は「食べるプラスチック」との異名をもちます。
なぜか?

少し古い研究データになりますが、トランス脂肪酸を摂取しすぎることで、血管に負担をかけることがわかっています。
※記事に専門用語が並んでいるために、難しいかもしれません

研究成果を報告したのは、Harvard School of Public HealthのEsther Lopez-Garcia氏らの研究グループ。同氏らは、米国看護師健康調査(NHS)登録者のうち、1990年の血液採取時点で43~69歳だった健康な女性727人を対象とした。トランス脂肪酸の摂取量は、アンケートにより、調理油と食卓用油の商品名と、マーガリン、マヨネーズ、フレンチフライ、市販の焼き物、ファーストフードの揚げ物の摂取状況を調査した。

Garcia氏らは、トランス脂肪酸の摂取量を0.61~1.87g、1.88~2.26g、2.27~2.64g、2.65~3.13g、3.14~7.58gの5段階に分け、炎症因子としてCRP、IL-6、sTNFR-2、接着分子としてEセレクチン、sICAM-1、sVCAM-1などの血中濃度について、年齢調整済みの平均値を算出した。

その結果、最も摂取量が多い群のCRP値が最も少ない群より73%高かったのをはじめ、Eセレクチンが20%、IL-6が17%などとすべての項目で摂取量の多い群が高い値を示した。

多変量解析により、年齢、BMI、運動、喫煙などのリスク要因と各種脂肪酸の摂取量について調整した後でも、トランス脂肪酸の摂取は、CRP、sTNFR-2、Eセレクチン、sICAM-1、sVCAM-1の正の独立因子であることが分かった。

Garcia氏は、トランス脂肪酸が血管内皮の細胞膜に作用し、炎症因子や接着分子の産生を促す可能性を指摘、「このメカニズムによって、トランス脂肪酸による血清脂質への影響だけでは説明のつかない心血管疾患リスクの大幅な増加がもたらされている」と見ている。

研究の流れ
  • 年齢:43~69歳
  • 人数:727人
  • 性別:女性
  • トランス脂肪酸の摂取量:0.61~1.87g、1.88~2.26g、2.27~2.64g、2.65~3.13g、3.14~7.58gの5段階に分け
  • トランス脂肪酸の食品:マーガリン、マヨネーズ、フレンチフライ、市販の焼き物、ファーストフード

研究結果として、トランス脂肪酸の摂取量が多い群(1日摂取量3.14~7.58g)のCRP値(炎症値)が最も少ない群より73%高かったことがわかっています。

最終的に、トランス脂肪酸を過剰摂取することで、血管の動脈に負担をかけることがわかっています。

研究内容が少しわかりづらいので、少しわかりやすく

トランス脂肪酸と血管に対する負担について、少し噛み砕いて説明をさせて頂くと。

トランス脂肪酸を体内に摂取すると、肝臓から代謝され血管内に入り込みます。

 

トランス脂肪酸は常温では固まる性質があるので、血に混ざり体表部まで達すると、そこで冷やされて固まってしまいます。

すると、血管内の壁に沈着して固まります。


トランス脂肪酸が血管内に沈着し固まることで、血管や血液に攻撃を行います。

ここで1つポイントになるのが、炎症が許容範囲内であれば、すぐに修復されます。

つまり一定量のトランス脂肪酸なら血管壁に負担がかかることはありません。

しかし、トランス脂肪酸を長期間にわたり過剰に接収していると、血管内の壁に付着し、炎症を引き起こしてまいます

流れ
トランス脂肪酸

血管に侵入

血管内の壁に付着

血管壁が炎症

アメリカのハーバード大学による臨床試験で、トランス脂肪酸が原因で虚血性心疾患の発症率が高いことがわかっています。

約8万人の女性を対象にした米ハーバード大学の大規模疫学研究。摂取する炭水化物のエネルギー2%をトランス脂肪酸に置き換えると、虚血性心疾患のリスクが93%上昇。

約8万5000人の女性を対象に、8年間追跡したハーバード大学の大規模調査研究。食物摂取アンケート調査からトランス脂肪酸の摂取量を算出。虚血性心疾患疾患の発症との関係を調査。

トランス脂肪の摂取量が増えると、虚血性心疾患のリスクが増える。

研究結果で、毎日のようにトランス脂肪酸を過剰に摂取することで、虚血性心疾患が起こりやすいことを示しています。

虚血性心疾患とは、心臓に血液を供給するための動脈のこと。

つまり、過剰トランス脂肪酸を体内に吸収することで動脈硬化の危険因子になるということになります。

流れ
トランス脂肪酸

血管に侵入

血管内の壁に付着

血管壁が炎症

動脈硬化

動脈硬化で、血液の流れが悪くなると、男性機能を減退しやすくなります。

血管壁が炎症し動脈硬化で勃起機能が減退

脳内で興奮刺激を受けると、情報が大脳皮質の株に存在する自律神経の中枢を通り、そこから脊髄、下半身の男性機能に伝達します。

情報を受け取るのがペニス内部の陰茎海綿体。情報を受け取ることで、動脈から大量の血液が流れ、陰茎海綿体に大量の血液が流れ込むために、ペニスが大きく硬くなるために勃起します。

しかし、脳が興奮してペニスに情報が伝わったとしても、動脈の血液循環が悪いと、勃起しない、または勃起維持ができない恐れがあります。

流れ
脳内の興奮

性的興奮

脊髄
ペニス内部の勃起神経に情報が届く

海綿体につながる動脈に司令がくだされる

動脈硬化で血液の流れが悪い、、、

勃起不全、一時的な勃起になりやすい、、、

トランス脂肪酸の1日の摂取量

過剰にトランス脂肪酸を摂取することで血管に悪影響をおよぼすことで、動脈硬化の原因となり勃起機能障害が起こってしまいます。

では、どれくらいのトランス脂肪酸が「過剰」でどれくらいなら「セーフ」なのか?

世界保健機関(WHO)が発表しているトランス脂肪酸の摂取量の基準値としては、1日あたりの摂取エネルギー量の1%未満。

たとえば、1日に消費するエネルギーが約2,000kcalなら、摂取量の基準値は1~2gになります。

しかし、アメリカでは1日のトランス脂肪酸の平均摂取量が5.8という高い数値を叩き出しています。

そのために、2013年11月にトランス脂肪酸の使用規制を発表。
アメリカが規制を行う理由として、FDA局長がこのように述べています。

「トランス脂肪酸の摂取量の削減で、年に2万件の心臓発作と7000人の脂肪を減らせる可能性があると述べています。」

その後、2018年6月以降に原則使用禁止を発表。
つまりこれから先、アメリカではトランス脂肪酸は使用することができないということになります。

では、我が日本ではどうなのか?
2010年の報告によると、1日あたりトランス脂肪酸の平均摂取量は男性1.7g、女性も同じく1.7gです。

この数値を見て、先程話して世界保健機関が発表している摂取量の基準値「1日あたりの摂取エネルギー量の1%未満」を照らし合わせると、日本は健康な体だと思えます。

しかしながら、もっと細かく調べてみると、年齢別の基準値では30~49歳の男性の場合は1日に5.7gも摂取していることがわかっています。

理由としては、トランス脂肪酸が使われている植物油による揚げ物や菓子類です。

やはり血管の壁や勃起機能のことを考えると、食べる食材にも気をつけたいものです。

トランス脂肪酸が使われている食品

勃起機能のことを考えて、できるだけトランス脂肪酸が使われている食品は控えたいものです。

「一日あたりの摂取エネルギー量の一%未満」
あまりこだわりすぎても、切りがないとは思いますが、できることならトランス脂肪酸が含まれていない食品、または含まれていてもできるだけ避けるようにしたいものです。

こちらは参考になるかはわかりませんが、食品100g中に含まれるトランス脂肪酸が多い食品をランキング順にしています。

あと、10g中の数値も表内に記載しています。これは、大さじいっぱいだと平均的に10gのために記載をしました。

 

食品100g、10g中のトランス脂肪酸数値

1. ショートニング 31g 3.1g
2. 味付けポップコーン 13g 1.3g
3. マーガリン 13g 0.13g
4. コンパウンドクリーム 12g 0.12g
5. ファットスプレッド 10g 0.10g
6. 菓子パイ 7.3g 0.07g
7. ハヤシルウ 4.6g 0.04g
8. クッキー 3.8g 0.03g
9. コーヒークリーム 3.4g 0.03g
10. クロワッサン 3.0g 0.03g

私の個人的なお話なんですが、一週間に2~3回ほど、朝に食パンを食べます。

食パンは昔から決まってスーパーで販売されているあるパンを食べていました。

あえて商品名は記載しませんが、いつもお世話になっていた食パンは、温めても、さめても美味しくいただくことができていました。

噛んだ後に”とろ~ん”と口の中に溢れ出てくるマーガリンの油っこさが絶妙でたまりませんでした。

パンと一緒に目玉焼きとコーヒーを口の中に放り込むと、不思議と低テンションな朝でも、やる気が溢れ出ていました。

私にとってマーがリーが含まれているパンには不思議な力が合ったのかもしれません。

しかし、これからは、減量トランス脂肪酸の事を考えて、食べる量を減らそうと思います。

トランス脂肪酸かを見分ける方法

悪い油とされるトランス脂肪酸が加工食品に入っているかどうかを見分ける方法があります。

トランス脂肪酸はアメリカでは表示義務がありますが、日本デッ表示義務がありません。

そこで、トランス脂肪酸んお湯有無を知るために、原材料表示を観てみましょう。

「加工油脂」
「食用精製加工油脂」

このように原材料名に表示している場合、植物油に水素を添加したものなのを意味しています。

つまり、トランス脂肪酸が含まれている高いということになります。

最後に一言

トランス脂肪酸は食品を長持ちさせたり、食感を高めるためには必要な成分。

ただし、過剰に吸収することで、血管内に入り込み、血管壁に悪影響を与えることで、動脈硬化となり勃起機能の低下が起こってしまいます。

普段の食生活の中で、トランス脂肪酸が含まれている食物は極力は手を付けないことを心がけたい所です。

特に、年々悪玉コレステロールが高く、善玉コレステロールが低下している方は関係している可能性がありますので、注意しておきたい所です。

今回はこれまで。