勃起不全の悩みを解消するために治療薬を服用していました。

※カマグラゴールド

※タダリス

たしかに効果はあるんですが、副作用が強いんですよね、、、

勃起不全治療薬の副作用
頭痛、肝臓、動悸、目の充血、顔の火照り

私の場合は、薬を使うようになってから約2年で肝臓にかなり負担がかかっていました。そのため現在は使ってません。

そこで現在、利用しているのがアルギニンが含まれているサプリです。

アルギニンと勃起不全について、臨床試験で効果が期待できることがわかっています。

では、アルギニンと勃起不全についてどんな関係があるのか詳しく説明をしていきたいと思います。

 

勃起のしくみ

まず最初に勃起のしくみから説明をしていきたいと思います。

私たち男性が性的な刺激を受けると脳内の一部が興奮をし、最終的に勃起します。

興奮

一酸化窒素が作用

サイクリックGMPの産生

海綿体が大量に増加

勃起

性的な刺激を受けるのが脳内の勃起中枢で、ここから副交感神経に司令が伝わり、情報が背中を通りペニス内部に伝達します。

情報が伝わると、ペニス内部の血管内側のNO(一酸化窒素)が放出します。

一酸化窒素が放出することで、サイクリックGMPと呼ばれる物質がたくさん生み出されます。

このサイクリックGMPの働きにより、ペニス内部の海綿体に変化が起こり、結果として勃起につながるわけです。

海綿体とは、細かな組織でスポンジ状の構造をしています。そのため、いつもの正常ペニスを指でつまむと柔らかいのは、この海綿体の構造が関係しています。

しかし、フワフワのスポンジ状も水が含めば強度が増すために硬くなります。

すなわち、海綿体に大量の血液が流れることで硬くなります。つまり勃起です。

 

性的な刺激で一酸化窒素が作用することでサイクリックGMPが産生。すると、大量の血液が海綿体の内部に注入されることで膨張し、結果的にペニスが硬くなり勃起するわけですね。

興奮

一酸化窒素が作用

サイクリックGMPの産生

海綿体が大量に増加

勃起!

これが興奮から一酸化窒素、大量血液、勃起の流れになります。

では、なぜ興奮しても興奮しても勃起しないのかについて少し説明をして、そこから勃起不全の改善についてお話を進めていきたいと思います。

勃起不全の原因

先ほどお話したように、「興奮→一酸化窒素→サイクリックGMP」が密接に関係することで勃起することを説明しました。

私たちの体のしくみとして、体内環境を一定に保とうとする働きがあります。

しかし、一酸化窒素が放出されると、その働きを抑えよう抑えようとするる酵素(PDE-5)が同時に活性化してしまいます。

酵素は必ず発生します。

しかし、酵素の量が過剰に増えてしまうことで、一酸化窒素の働きが打ち消されてしまいます。

酵素が発生する理由
・過剰ストレス
・過剰な運動
・高い年齢
・栄養不可
・タバコの成分
・強い紫外線を長時間浴びる
・排気ガス
・水道水に含まれる塩素系
興奮

一酸化窒素の作用

×←←酵素(PDE-5)

このように一酸化窒素の作用が抑えられると当然のように量が減るために、サイクリックGMPの産生が少なくなり、結果として海綿体内部の血液量が減少するわけです。

そのため一時的な勃起はできたとしても、勃起維持が難しくなり、最終的に射精にいたることが困難となります。つまり、これが勃起不全の原因になるわけなんですね。

興奮

一酸化窒素の作用

×←←酵素(PDE-5)

サイクリックGMPの産生が減少

海綿体の血液量が減少

勃起不全

そこで一酸化窒素を増やすためにアルギニンです。
端的に言うと、アルギニンを使うことで一酸化窒素を増やすことにつながるために勃起維持につながります。

アルギニンが勃起不全に効く理由

アルギニンはアミノ酸の一種で効果は以下の通りです。

アルギニンの効果
  • 性機能の促進
  • アンモニアの解毒作用
  • 免疫力向上
  • 身長を伸ばす
  • 成長ホルモンの合成促進
  • 精子を増やす
  • 疲労回復
この中で注目したいのが「性機能の促進」です。

アルギニンは、血管の内皮細胞で作られる一酸化窒素の主原料です。

血管の内皮細胞で一酸化窒素を発生させます。

この作用が私たち男性の性機能に大きく関わってきます。

一酸化窒素が放出することで、合成を高める事で量を増やすことができます。

勃起を即す一酸化窒素は非常に大切な役割を果たします。

先ほど上部のところでお話ししたように、一酸化窒素(NO)は全身の太い血管において、血管を拡張させるための信号を伝達している重要な神経伝達物質です。

興奮

一酸化窒素の作用

サイクリックGMPの産生

海綿体が大量に増加

勃起

しかし、一酸化窒素は酵素により打ち消されることで量が減ってしまいます、、、。

そこで一酸化窒素の主原料であるアルギニンの効果になります。
これはアルギニンを吸収することで一酸化窒素が増加するため、酵素の働きを弱めることがわかっています。

そのため、量の多い一酸化窒素が放出されることでcGMPが産生し海綿体に大量に血流することで勃起維持につながります。

実際にアルギニンと勃起不全についての臨床試験が発表されています。

Zorgniottiらは、ED患者(15人)にアルギニンを2週間投与したところ、40%の患者に勃起力と性交率において改善が見られることを示した。(Int. J. Impot. Res., 1994; 6: 33-35)
一方、アルギニンの摂取量が1,400~1,500mg/日摂取した場合にはEDの改善はみられなかった。(Urol. Int., 1999; 63: 220-223)

アルギニンと勃起不全
  • アルギニンを1日1,400~1,500mg摂取
  • 2週間以上摂取
  • 40%の患者に勃起維持の効果

つまり毎日のようにアルギニンを1,400~1,500mg摂取以上吸収すれば、2週間以降に勃起不全を改善する可能性があるということがわかります。

そこでポイントはアルギニンが1400mg以上も含まれているサプリです。

バイタルアンサー クラチャイダム王 フォース GHプレミアム  極GOLD
アルギニン
※1日分
16,00mg 1,480mg 1,200mg 1,000mg  600mg
価格 12,960円 12,980円 12,900円 12,980円  10,500円
その他成分 オルニチン:100mg
トリプトフ:62mg
亜鉛:20mg
ビタミン:125mg
リジン:360mg
アラニン:320mg
チロシン:470mg
亜鉛:20mg オルニチン:200mg
トンカット:200mg
 ソフォン:300mg
トンカット:150mg
公式HP

 

インターネットではアルギニン専用サプリも販売されています。

でも、どうせならアルギニンだけでなく、他にも勃起不全の効果が含まれているサプリがあれば、それに越したことはないはず。

勃起不全に悩んでいる人でアルギニンを利用している人が多いため、有効な選択肢なるかと思います。