「なぜEDや精力に悩んでいる人はFORCEを使うの?試すの?」

理由は約26種類の成分と、アミノ酸のアルギニンやミネラル亜鉛がたくさん含まれているからです。

この成分を毎日のように摂取することで、今までの悩みを解消してくれます。

FORCEを使った体験談や口コミをインターネットで拝見すると、確かに「効果がある、ない」を予測することができますが、より期待できるのが臨床試験だと思います。

今回は、FORCEに含まれる成分、メイン成分アルギニン、亜鉛、臨床試験、お試しについてお話をしたいと思います。

では、最初に成分から少しお話をしたいと思います。

FORCEの特徴は「アルギニン、亜鉛」

まず最初にFORCEについて簡単に説明するために表にして見ました。

商品名 FORCE(フォース)
成分 【タンパク質(アミノ酸類)】
アルギニン、チロシン、メチオニン、グルタミン、オルニチン、ロイシン、イソロイシン、バリン、GABA
【ビタミン類】
ビタミンE、ビタミンC、ビタミンB1、B2、B3、B5、B6、B12、葉酸、チロシン
【ミネラル類】
亜鉛酵母、銅酵母、セレン酵母、マンガン酵母、クロム酵母、酸化マグネシウム、フーカス
用量 270粒(1日9粒目安)

たくさんの成分が含まれているのがわかると思います。
「タンパク質9種類、ビタミン類10種類、ミネラル7種類」合計で26種類の栄養分成分が含まれています。

この成分のなかで、ED改善や性欲に関係するのは何種類かありますが、医学的に認められているのが「アルギニンと亜鉛」ですね。

アルギニン

ヘナさん
アルギニンがEDと関係するのは他のページで聞もきましたが、、、どんな効果があるんでしたかね?」
Dr.カイショウ
「簡単に説明しますと、アルギニンは血管拡張作用がありますね。」 
血管が拡張することで、血液がスムーズに流れることでED改善につながります。

逆に、性欲はあり興奮はするのに、勃起しない、または勃起しても続かないのは、この血流がスムーズに流れないからです。

・勃起しない・・・
・勃起しても維持しない・・・
・勃起しても硬くない・・・
・挿入しても柔らかい・・・

血液の流れが悪くなり、EDが起こる原因としてこのようなことが一因とされています。

・過剰ストレス
・栄養不可

そこでアルギニンの効果になります。
アルギニンには、血管の内側の細胞から産生する一酸化窒素を増やす働きがあります。

この一酸化窒素がどんどん放出されることで、血管拡張作用が起こり血液の流れにつながるためED改善が期待や動脈硬化の予防にもつながります。

ヘナさん
「ん~、わかったような、わからないような、、、」
Dr.カイショウ
「もう少し深く説明しますと、一酸化窒素がたくさん放出されることで、サイクリックグアノシン一リン酸(CGMP)を作り出します。」
ヘナさん
「なんだかもっとわからなくなるような気がする・・・」
Dr.カイショウ
「簡単に説明しますとこんな感じです」
アルギニンを吸収する

一酸化窒素が増える

サイクリックグアノシン一リン酸(CGMP)を作り出す

CGMPがペニスの動脈を拡張させる!

動脈拡張で海綿体に血流が流れる

勃起、または勃起維持につながる!!

固いペニス、射精につながる!

一酸化窒素とcGMPによる勃起の関係につきましては、約20年前にわかったことです。
実際に、発見したアメリカの研究者にノーベル生理学・医学章が授与されています。

と、FOCEに含まれている成分アルギニンについてのお話から、すこしそれましたが。
結果と致しましては、アルギニンに一酸化窒素を増やす効果があるため、ED改善、勃起維持の効果が期待できます。

亜鉛

Dr.カイショウ
「海外や国内で亜鉛は”セックスミネラル”と呼ばれています。」
ヘナさん
「それ私も聞いたことあります!」
「だけど、なぜ亜鉛がセックスと関係あるの?」
Dr.カイショウ
「理由は、睾丸(金玉)の栄養分になるからです。」

睾丸の中では、男性ホルモンが90~95%も作られています。
男性ホルモンにも種類がたくさんありますが、

男性ホルモン
種類 働き
テストステロン 性欲増大精子形成、体毛増加、筋肉増大、生殖器増大
ジヒドロテストステロン 体毛・ヒゲの増加、薄毛の進行、性欲減少
デヒドロエピアンドロステロン 糖尿病、高脂血症、高血圧、骨粗鬆症などの予防的
アンドロステロン 免疫やストレスに対する抵抗性、糖尿病や高脂血症、高血圧、骨粗鬆症などに対する予防的

この男性ホルモンの1種であるテストステロンは、性欲や精子の働きに密接に関係しています。
簡単に言いますと、亜鉛を材料にして、睾丸でテストステロンが作られています。

亜鉛を吸収

睾丸の栄養分

テストステロンが増える

性欲や精子が増える!

逆に毎日のように亜鉛が不足すると、睾丸の働きが鈍くなります。

ヘナさん
「でも若い頃は亜鉛なんて知らなかったし、もちろん意識してとってもいなかったんですが?」
Dr.カイショウ
「基本的に10代は体内で亜鉛を作ることができます」

しかし、20代中盤から30代前半にかけて、亜鉛不足が起こりります。
そうなることで、睾丸の働きが鈍くなるために、結果としてテストステロンの低下で、性欲や精子、意欲低下などにつながるわけなんですね。

韓国の報告でも「体内で亜鉛の濃度が高い男性ほどテストステロン値が高い」ということがわかっています。
日本mens health医学会、テストステロン:全ての男性の活力の源

そのため性欲を取り戻すためには、毎日のように亜鉛をしっかりと吸収することが大切。

”しっかり”というのが1つポイントで、厚生労働省が発表している亜鉛の摂取量は男性の場合11~13mgです。

Forceの1日の摂取量は9錠

ヘナさん
「Forceは1日にどれくらい飲めばいいの?」
Dr.カイショウ
「病院で処方される薬ではなくサプリのために、きめられていません。」
「ただ、おすすめされているのが1日9錠です」

9錠だと、このような成分量になります。

・アルギニン:1200mg
・亜鉛:20mg
ヘナさん
「これくらいの成分量で、ED改善や性欲向上に効果は期待できるの?」
Dr.カイショウ
「Forceにつきましては、臨床試験が行われ、実際に専門の医学雑誌にも取り上げられています」 

試験内容
性別 男性(日本人)
年齢 30~70代
人数 150名
アンケート 6週間目、12週間目

2グループに分け、一方にはFORCEを毎日服用してもらう、もう一方にはプラセボ(有効成分を含まないサプリ)を毎日服用してもらう。サプリ以外はいつも通りの生活を行ってもらい、期間中の6週間目と12週間目に6つのアンケートに答えてもらう。

最初にお話をしておきますと、このアンケートにつきましては、「IISF(国際勃起機能スコア)」を用いて行われています。

5点満点中です。

アルギニンや亜鉛が含まれているForceを服用することで、100%に満足する試験者は少ないかもしれません。ただ、服用する前と比較して効果が期待できるのはわかります。

1ヶ月ほど試すのもあり

ヘナさん
「アルギニンや亜鉛の成分用量も多いし、臨床試験を見ると効果が期待できるような気がする」
「だけど一歩が踏み出して購入しよう!!っとまではいけないんですよね、、、だけどEDは治したいんですよね、、、」
Dr.カイショウ
「そんな時は一度、試してみても良いかもしれません」

1ヶ月ほど試して、今まで以上にED改善や性欲向上の効果が現れれば、そのまま続ければいいと思います。

原因にもよりますが、実際に改善したという人もいます。ただし、効果が現れない人、継続しても価値を感じない人も中にはいます。

そんな時は、継続して使わずに、返品するのも一つの手です。1ヶ月以内(39日間以内)に返品すれば、全額返金保証がついているために、お金が掛かりません。

ヘナさん
「でも返金する場合、なんだかしづらいような気がする・・・」
「理由を深く聞かれるそうな・・・。」
Dr.カイショウ
「返金をする場合、理由を問い詰めることはないとのことです。」
「なお、電話だけでなくメールでも返金を依頼することも可能だそうです。」

39日以内にFORCEを使い終わったから瓶を指定の場所に送ることで、のちに指定の銀行口座に購入金額が振り込まれます。

EDや精力減退に悩んでいる方は、1ヶ月ほどForceを試して、効果があるのかを試してもいいかと思います。

ちなみにですが、商品を注文することについて、職場や家族に知られたくないという方もおられると思います。ただし、商品のパッケージは無地の包装紙のため「ED、精力・精子向上」などは記載されていませんので、心配することはありません。